SSブログ

Music Design [diary]

非常事態宣言解除の後、感染拡大に一段落したかに見えた新型コロナウィルスだけど、7月後半になって東京のみならず全国で第2波とみられる感染者数の増加。安心して過ごせない日々が今もなお続いています。

新型コロナウィルス感染でお亡くなりになった方々のご冥福を祈るとともに、ウイルスと闘病中の皆さまにお見舞い申し上げます。治療に関わる医療従事者の皆さまに、心より感謝申し上げます。

1日も早く治療薬とワクチンが開発されて、新型コロナウィルスとの戦いに勝利し終わりますように。


大雨が、九州をはじめ各地に甚大な被害をもたらしました。
令和2年7月豪雨でお亡くなりになった方々のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。コロナ禍の中、復旧活動や避難所生活など、ご苦労も多いだろうと思います。まだしばらくは雨の予報もあるようで、ご注意なさってお過ごしください。

安心して暮らせる日々に早く戻れるよう祈っております。




小室哲哉師匠が2018年1月の引退宣言から、2020年7月16日、乃木坂46「Route 246」を発表し、音楽業界に復帰しました。

引退宣言直後から直接「小室くん、辞めるな!」と声をかけ続けてくださった秋元康さんはじめ、乃木坂46の皆さんとスタッフの皆さん、暖かく迎え入れてくださった乃木坂46のファンの皆さまに、感謝を申し上げます。

小室さんと同い年の秋元康さんの熱い友情がなければ、師匠の復帰もなかっただろうと思います。秋元さんと小室師匠とのやりとりを、「Route 246」制作中に間近で見ていたので、楽曲が出来上がってMVを観た時に、涙が溢れました。MicrosoftのBill GatesとAppleのSteve Jobsの友情もそうだけど、なんかこーゆーのって、「ああ友情は素晴らしい」だけで片付けなきゃって、ただ思います。だって、おふたりの間には「友情」しかないんですモン。

どれだけ感謝したって、しきれないけど、秋元康さんに心より、心よりの感謝を申し上げます。



乃木坂46「Route 246」





乃木坂46「Route 246」制作に、溝口和彦くんらとともに、Music Designの一員としてお手伝いさせていただきました。

ボクら「Music Designer」たちは、90年代小室ファミリー大フィーバー時代以前から、小室哲哉師匠の音楽制作のお手伝いをしています。こーやってまた師匠の音楽制作に関われた幸せに、音楽家でいられる喜びに、心躍らせておりました。

制作が始まったのは、非常事態宣言下、4月上旬からだったでしょうか。
秋元康さんから、唯一のオーダーは「小室哲哉っぽく」。

師匠が、ご自分の音楽とその歩みを振り返り、考察して、「Route 246」はじめ数曲を書き下ろしました。どれも素晴らしい楽曲ばかりです。秋元康さんが偉大なプロデューサーだと思うのは、たったひと言「小室哲哉っぽく」と伝えただけで、これほどまでに「小室哲哉っぽい」楽曲が出来上がってくるんだなぁと感じたコトでした。復帰自体はもちろん、楽曲制作の環境や気持ちまでをプロデュース、コントロールしてくださいました。

師匠は見事なまでに「Moog One」を使いこなしました。
「Route 246」の多くのトラックにMoog Oneが使われているけど、この古そうで新しい、とてつもなく複雑難解なシンセサイザーを、器用に乗りこなしていました。「Route 246」イントロに聴こえるシンセサイザーのメロディーはMoog Oneによるモノです。

90年代TKサウンドが好きな方には、Aメロなどで聴こえる「JD800 #53 Piano」のサウンドに胸を熱くされたのではないでしょうか。Rolandから表彰されてもイイんぢゃないかと思うくらい「使い倒した」音色だけど、あの音を聴くとやっぱり「TKサウンドだ」と感じますし、シンセの「いち音色」にあそこまで個性を与えた師匠の演奏が素晴らしかったんだなと改めて思います。




Music DesignerたちのZOOMミーティングを、YouTubeライブで配信するコトにしました。

MTG#009_Edit1.png



19年春くらいから「TK NEXT」ってイベントを、ご隠居復帰を待つボクらが開催していました。
いつ復帰しても大丈夫なよう、体制を保てるようにいられるようにと、ライブイベントでした。

コロナ禍でなにもかも進まなくなっちゃってたんだけど、このままぢゃいけないと、先日から有志たちが集っていました。

乃木坂46「Route 246」発表に際しては、Music Designerの枠を超えて、多くの方々がZOOMミーティングに参加、お祝いをさせていただきました。あっ、その配信では酔っ払っちゃってご迷惑をおかけいたしました。大変失礼をいたしました<(_ _)>

これからもMusic Designerたちが、小室哲哉さんの情報・近況や、TK NEXT開催に向けて進捗など、情報発信を続けようと思います。くだらない話しが多いかも知れませんが、おこらずに、お付き合いくだされば幸いです。配信番組に対するフィードバックなどもYouTubeライブ・コメントやFacebookページなどでお知らせください。

Ginza TK NEXT Facebookページ
https://www.facebook.com/Ginza-TK-NEXT-102369994888124

Ginza TK NEXT YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCC6_L4Yf0tDQx1vaOvDkssg


皆さまのごひいきをお願い申し上げます。





…ご隠居ぢゃなくなったなw
なんて呼ぶんだろ。「ご老公様」かなw
まぁ、先生でいいか。

大変な時期だけど、そんな大変な時期だからこそ、この喜びを皆さまと共有したいと思います。

これまで応援くださった皆さまに、心より感謝申し上げます。
これからも変わらぬごひいきをくださいますよう、お願いいたします。


よろしくちゃん。



☆ BGM : Route 246 / 乃木坂46


2020-07-25 13:55  nice!(4)  コメント(4) 

nice! 4

コメント 4

らしゅえいむ

お久しぶりです
お元気にされていたようでよかったです ♪
by らしゅえいむ (2020-07-25 16:34) 

お名前(必須)

乃木坂×TKサウンド…いいですね
by お名前(必須) (2020-07-25 22:06) 

cp

はじめまして。
久保さんがそんな近くで見てるとは思いませんでした。
あの辺の坂道グループとかで小室サウンドテイストの曲ってこれまでにもゴロゴロしてた印象なので、むしろQUIT30みたい
な奇抜な曲の方が良かったんじゃないかと思いますが、秋元氏
の意向では仕方ないですね。
自分はもうずっと前からHITFACTORY版「50/50」がこの世で一
番好きな人間なので、最近の齋藤飛鳥さんの「RUNNING TO
HORIZON好き」発言以降、ぞわぞわしてました。
しかし、この先も小室さんの新曲が聴けるとなると・・・生きてい
く励みになります。
by cp (2020-07-26 18:21) 

しろくま

JD800、僕も持ってますがあの硬いピアノは最高です。特に「愛しさとせつなさと心強さと」のAメロとか「サバイバルダンス」とか。
今回、ムーグワンと共に新旧機材の入り交じったサウンドに感動しまくり千代子です。
by しろくま (2020-07-28 13:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]